農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2010年1月27日

Unknown

 映画「食堂かたつむり」のポスターが送られてきました。とってもかわいいくて、早速店にはりました。美術を担当した兄が送ってくれたものです。

 去年の、店が出来上がったばかりのころ、ロケ場所を探して兄と東映の方とが店に来て、すっかり「こめはなや」の雰囲気が気に入ったそうです。その後、監督さんをはじめ主だった方々も見に来られて、「かたつむり食堂」の内装に、「こめはなや」をモデルにすることに決まりました。

 ロケのケータリングに行って、現地に作ったかたつむりの建物を見ましたが、内装は東京にセットで作るということで、中はがらんとしていました。本格的に材木を組んでたてた、がっしりした建物で、かわいいタイルを張った玄関がおしゃれでした。

 建設には、うちの店を建ててくれた今枝一棟梁や、大工さんたち、石屋さん、基礎工事の小山さんなど、総動員で力を貸してくださったようです。予定地にすごく大きな岩があってとても動かせるようなものでなく、小山さんが2日がかりで重機で砕いたけど、砕ききれなかった、とか、雨が降って周りがぐちゃぐちゃになって山から土砂を運んで入れた、とか。

 ふだんやったことのない仕事の連続で、大変だったけど面白かったと、私たちも伝え聞いて楽しませてもらいました。写真で見せてもらった内装のセットは、どことなくやはりうちの店と似ていて、さらにおしゃれでかわいかったなあ。映画を見に行くのが楽しみです。

 そうそう、蔵のあたりにあった昔のカイコを飼う道具だの、古い道具やがらくただの、いろいろ持って行ったので、「何に使うの?」と聞いたら、「古い小屋を片づけるシーンで、持ち出すガラクタにする」って。なあんだあ。捨てられるんかい、きみたち。なんてこともあった。

 母がもう捨てる、と言ったのだけれども、もったいなくて残しておいた小さな錆びたカマドは、ちょびっとだけど出演できたそうです。目を皿のようにして見とこ。

 以前のいきさつをご存知の方は、笑っておられると思いますが・・・私が柴崎さんのモデルではありませんのでアシカラズ。しつこい?

2010年1月26日

新酒を頂きました

 小野酒造で酒の仕込みをしている松本さんから、夜明け前「辰の吟」の新酒を頂きました。昨年の暮は、何べんも疲れた顔で仲間に差し入れするお菓子を買いに来てくれて、その様子から酒の仕込みがいかに大変か想像できるな気がするほどでした。
 先日は正月休みで体が休まったから、と元気な顔で久しぶりにご飯を食べに来てくれました。ひと段落したのでしょうか。
 新酒は新年会でありがたく頂きました。麹の香りがフレッシュなお酒でした。ごちそうさま!これからぞくぞく出る新酒が楽しみです。

すっごくおいしいはちみつです

 明さんの日本ミツバチ、それも赤そばのはちみつです。実は私ははちみつが苦手。あの陰性なカッとくる味がきつくて食べにくいのですが、このはちみつは別格でおいしく食べられます。
 明さんは「おしっぺ」という、木曽の山の中の落人の里に暮らしていて、山で暮らす技術や農の技術の宝庫のような人です。おしっぺは、人よりもたくさんクマがいるところ。かつて猟もしていたという明さんが、あろうことか去年山でクマに襲われニュースにもなったのです。看板を彫ってくれた真美さんが、頭から血を流した明さんを見たとき、みつばちの巣箱をかけてある小屋の方からくるところだったとか。手も砕かれていたけれど、ハチが心配で見に行っていたらしいのです。
 そんなにしてまで、高いソバの種をまいてまで丹精したはちみつを、業者は仕入れ値の何倍もする値段で売ろうとして、明さんは怒った。そんならと、真美さんがあちこち持って歩いて売っていて、こめはなやの商品棚にも登場したというわけです。

 日本みつばちの(和蜜と言うらしい)赤ソバのはちみつとしては、べらぼうに安いです。仕入れ値も安いのですが、話を聞けばそんなに高く売れないもんねえ。これでクッキーを焼いたらめちゃくちゃおいしかった、と聞きました。なんだかもったいなくてまだ試してません。

 明さんの心意気をどうぞ。560g入り2本と、320g入り4本で、今シーズンは終了です。

2010年1月24日

できますって

 20日に鍼灸師のセノさんによる「からだ講座」と、草樹の縄ないの手ほどきを受けました。2年前ぐらいからやっている「粉もの研究会」の集まりです。“粉もの”なのに、なぜかシュタイナーのビデオを見たり、しょうゆ仕込みに挑戦したりと、好き勝手&誰でもいつでも来たいときに、のいい加減が気持ちいい会です。
 
 午前中は橋本敬三さんの操体を中心とした話と体操。持ち寄りのゴウカ昼ごはんを挟んで、なわない講座をしました。教材はシナノキの皮、イグサ、ガマです。ガマが一番初心者向けな感じがしました。慣れればきれいになうことができそうな、気はします。それより材料集めや、裂いたり、たたいたり、干したり、といった下ごしらえの方が大変そう。でも、やってみたいとみんなの感想でした。

 からだ講座は、自給や暮らしの手作りと大事にするメンバーだけに、それぞれ何がしかの健康法を経験しているのですが、「続かない」という点で一致してしまいました。よほど具合が悪い時にしかやらない、お蔵入りの体操やら食養生がいろいろ。

 それでも私たちこめはなスタッフは、毎朝教わった体操をすることにして、今のところ続いています。なんだか背筋が伸びる気がして、なかなか気持ちよく朝を始められています。さあ、いつまで続くことやら~。

 

2010年1月21日

こんどはゆっくり

 子供のころは、決まって1月15日の青年の主張を見ながら餅をつき、翌日はせっせと氷餅を紙でくるんで綴りました。

 去年たかきび入や、黒米いりなどの氷餅を作って、おいしいと喜ばれました。今年はまだ?と聞かれるのですが、今から作って食べられるのは春になります。
 わらで綴って一昼夜水に浸し、寒い日暮れに風の通る、しかし日が当らない軒先に干します。翌朝はこんな風に小さなつららが。さぶっ。
 寒中の今時にしかできない仕事です。
 

2010年1月15日

「ひと・むし・田んぼの会」今月の展示



 昼前に、久野公啓さんが来て、「ひと・むし・たんぼの会」の展示スペースの写真を替えてくれました。今までは大好きな「タゲリ」でしたから、今度はなにかなあ~。

 いつも、上手に写真をとれず、ブログに載せられないでいましたが、今日は(手間をかけさせてしまいましたが)久野さんにガラスを外して写真を撮ってもらいました。毎回エッセイが付いているのですが、それも紹介しましょう。
 写真を見つめていると、埴輪のようなひょうきんな顔に帽子をかぶっているような冬芽がおかしくて、すっかり心がほどけてゆくよう気がします。そして今頃、氷点下の澄み渡った空気の中で、りんとして春を待っているのでしょう。そんな空気も感じられるようです。
 小さなものの造形美に惹かれる久野さんらしい写真です。




写真だけのアップです。




    冬芽の顔
 
 落ち葉を踏みしめて野を歩く
 木々のたたづまいはみな穏やかだが
 枝先の小さな冬芽に目をやると
 春を待つ植物たちの命が感じられる
 冬芽たちの姿は、なぜか千差万別
 顔をイメージさせるものもたくさんあり
 それぞれの表情を見つめていると
 ついつい時間を忘れてしまう

  久野公啓  「ひと・むし・たんぼの会」 
 



2010年1月13日

スタッフのフィンランド旅行、土産話

 今日は番外編。時折店の手伝いをお願いしている、スレンダー美人のZちゃんの、1月10日付フィンランド土産話メールをそのまんま載せてみました。おっかしいの。
 新婚でIターン。たまたま「こめはなや」でご飯を食べて、そのあと何度かお茶をしに来てくれたあと、働きたいと声をかけてくれました。

 このメールの予備知識としては……いつも旅行をすると必ずお土産を届けてくれるので、「今度持ってきたら出入り禁止にする」と脅かして遊んでいる。のと、冷え症のZちゃんはあんまりコーヒーをたくさん飲まない方がいいと常々言っている。母は年でちょっとボケているので同じことを何度も聞く、の3点をお含みおきください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


先日は,お土産を置きに行ったにも関わらず,
おいしいたくあんの手みやげをいただいてしまい,本当にありがとうございました。
2010年も,おいしいたくあんでした。本当にごちそうさまでした。

フィンランドからの帰国で,時差ぼけぼけです。
毎日,日本時間でPM2:00に朝食,
PM9:00とPM11:00に氷河期の寒さでカフェでいっぷく,
AM2:00に夕食,という食事で胃がおかしくなっています。
それでも時差に負けてたまるかと,6日間ヘルシンキに滞在しながらガツガツ動き回り,
冬のヘルシンキを満喫してきました。

北欧は食事がおいしくないと聞いていたのですが,
寒さで体温調節のため毎日通ったあちこちのカフェはおいしい場所でした。
「行くカフェ行くカフェに,はずれなし」というのが感想です。
どでかいパンのサンドも「プッラ」という甘いパンも,
日本サイズじゃない珈琲も,夢のように胃に収めてきました。
(毎日の大量の珈琲消費に,一瞬尚子さんの顔が横切りながら…怒られる…と思いつつ…)
おいしいものに対するアンテナだけは,フィンランドでも圏外にならず,
ゲゲゲのきたろうの妖怪アンテナばりに毎日ピーンと立っていました。

また,フィンランドのカフェでは,ほとんどが珈琲飲み放題でした。
それくらい,フィンランドでは水のように珈琲を飲み,北欧で消費量第一位だそうです。
寒い国なのに冷えないのかなぁ…と疑問に思いました。

その他の食べ物は,たいてい大味で,いかに日本が繊細な味付けなのかを再確認しました。
日本食,万歳。

なぜかフィンランドでは「ロシア人」に好かれ,
食事の相席をお願いされたり,地下鉄の駅までの道を聞かれたりと,
(なんで隣の英語が通じるフィンランド人に聞かないんだ…)と
(何でどっからどう見てもちんこい日本人に英語で聞くんだ…)とそう思いながら,
毎回片言の英語と大降りの身振り手振りで,汗を流しながら説明し,
どうにかこうにかその場を乗り切って帰ってきました。

その都度,慎重派の夫は英会話の本を取り出し説明しようとするのですが,
いっこうに通じたことはなく。
(こんなもん気持ちで通じるもんじゃ)と一生懸命本を見ながら
説明しようとする夫を差し置き,
こっち側でロシア人と身振り手振りでやりとりし,感謝され一件落着。

「英語って使えない…」と嘆く夫に
「大丈夫。君が使えないだけだから。」と声をかけ,
白目をむいた夫をずるずる引きずりながら,ヘルシンキの街を闊歩しました。

フィンランドといえばアラビア社の陶器とイッタラ社のガラス製品が有名です。
私は,食生活は投げていたものの,アラビアとイッタラの陶器だけは大好きで,
教員時代,すずめの涙程度の給料で,ウハウハしながら集めておりました。
(とんと使う機会はありませんでしたが)
そこで,フィンランドに来たからにはと,
アラビアの本拠地に乗り込みお土産を買ってきました。

目が血走りつつ,店内でお土産を選び,
隣に夫がいると思い,
「白とブルーの組み合わせがフィンランドっぽくていいよねぇ。
 あぁ…でも,このはなやは「木」だから白と茶色のが似合うかぁ。
 家のはブルーにして,このはなやは茶色にしよう。」
と振り返ると,どこをどう見てもフィンランド人の店員さんで
「Can I help you?」と聞かれ。

(このはなやっていったら,やっぱ茶色ですよねぇ…)と聞くわけにもいかず,
出てきた言葉は,「Brown is KO~NO HA~NA YA~…」。
店員さんは顔に大きく「?」マークを付けたまま,しばし呆然と立ちつくしていました。

フェリーに乗って世界遺産スオメンリンナ島に渡り,
日本かぶれのフィンランド人にとっつかまり,
危うい日本語で会話をさせられ,写真の撮り合いっこをしたり。
ローカル列車に乗ってハメーンリンナの街に行き,
「城」を観に行ったはずが「墓場」にたどり着き迷子になったり。
帰りはハメーンリンナからヘルシンキまで高速バスで帰ってこようと,
バスに乗り込んだものの,到着した場所が地下鉄の駅だったりと。
ヘロヘロになりながらもいろいろやって帰ってきました。

やっぱり日本の米は一番だと,帰国後に思ったのはいうまでもなく。
白いご飯にたくあんでホッと一息つきました。
ああ,極楽,にっぽん。

2010年のこめはなやでの目標

1.出入り禁止にならないよう注意する
2.「ゆっこさん」から「ゆっこちゃん」と呼べるようレベルアップする
3.おばあちゃんに上の原に住んでいるということを覚えてもらえるよう頑張る

以上3点を目標に,
今年もよりよいお付き合いをさせていただけたらありがたく思います。
少しばかりのお土産でしたが,役に立つと嬉しいです。

また何かお手伝いできることがありましたら,
お声をかけていただけると幸いです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

たくあん,万歳。


2010年1月12日

おいしそう!なつかしい~

 

11日の休日に地域の新年会をするから、とお赤飯とおせち風の折詰めの注文がありました。31人分の今年初の大仕事です。前日遅くまで用意して、朝暗いうちから定番の草もちや、お赤飯を作りカンビオさんに納める商品をそろえてから、いよいよお弁当箱に詰め始めたところです。

 朝日がきれいで、詰める作業も楽しい客席です。一つひとつ丹精した食べ物が詰められて「きれいね!」「おいしそう!」


 ちょっと写真がイマイチですが、こんな風。他のカメラで撮ったのもあるので、後で差し替えるかもですけど。



 結構、アンナプルナ農園レストランのころの仲間が、このブログを見てくれているそうなので、この写真を見たらきっとみんな懐かしがるだろうな。わたしもほんとうに久しぶりに、エビの旨煮だの、ブリの照り焼き、きんとん、なんか作りました。

 何日もかかって、二段おせち(2万円以上の)60セット、少人数用一段おせち70個なあんて、130家族用おせちをみんなで頑張って作ったもんねえ。大してコピーしてこなかったけど、皆の作ったレシピ、見ながらやったらちゃんと上手にできたよ。

 みっちゃんのブリでしょ。香ちゃんのなます、よーこさんの田つくり。
 レシピのなますの大根は20キロとか、ブリ250切れとか。改めて大変だったよねえ、と思います。でも、あれができたんだから、それに比べればこのぐらい・・・と、いつも思って色々乗り越えられる大きな宝でもあります。

 きんとんは金柑の甘煮を入れて、金柑きんとんにしてみました。これが絶妙のおいしさで。左下のコーナーは、ひろ子ちゃんが送ってくれた蓮根の高野豆腐はさみ揚げと、車麩のフライの定番のほかに、チーズ入り蓮根ボールとタンドリーチキンの串。酢牛蒡です。

 右上スゥィーツコーナーは、ゆっこちゃんのブドウの寒天ときんとん、玄米エゴマおはぎ。

 どれもホントにおいしくできました。よい新年会でありましたように。
 
 

一年を経て

 まだちゃんと外壁もできていず、小さな石油ストーブ一つの寒い厨房の窓辺に、小さなシクラメンの鉢を買ってきた去年の年末。毎日新しい赤い花を咲かせてくれて、どんなに慰められたことでしょう。
 でも、正月休みにうっかりして水を切らし、寒さもあってぐったりしおれてしましました。それでも助からない葉や花を切っておいたら、なんとか復活して花をまた咲かせてくれました。

 夏の間は、いつも窓辺でまばらな丸い小さな葉を薄く広げて、じっと冬眠しているかのようでした。秋ごろから夏の葉っぱと全く違う、濃い緑の元気な葉をどんどん出してびっくりするほど大きく広がり、1月10日、最初の花びらが赤々とゆるみ始めました。

 こんなに一つの植物と、近く一年を過ごしたことがなかった。それも毎日が面白くも大変な日々であっただけに、この花が咲いたことが、うれしくて特別な気がします。

 いつもいつも料理をしながら、外の景色を見るとそこにいてくれたシクラメンの小さな葉っぱくんたち。ありがと、そしてこれからもよろしくね。

2010年1月2日

春一番のうれしいお客さま

 1月2日、新春いちばんのうれしいお客さまたちです。

成人式を迎える小野の若い人たちと、お父さん、お母さんが20名ほど集いました。店はお休み中なので、あったかくて、気楽に集まれる場所として提供し、自由に使ってもらいました。







 こめはなやのある、小野という小さな山の中の村は、江戸時代(以前からかもしれないのですが)から二つに分かれていて、今は行政区がちがうので、お隣でもまったく情報が入らない場所があるくらい繋がりが取れにくいところです。
 小学校、中学校は、塩尻市と辰野町の組合立で建てられているので、子供たちは一緒に育ちます。が、中学校を卒業するとバラバラになってしまい 、成人式ももちろん別々になるのです。

 こんな小さな村で、なんとか一つになっていろんなことをやってゆきたい、と言う機運がこのごろフツフツ湧きあがるようになりました。でも、何から?なかなか難しいのが実情です。「成人式を一緒にやらない?」というアイデアが出て、今日は初めて帰省中の若者たちが集まって話し合いをしたというわけです。

 「小野ってなんにもないけど、けっこういいとこだよね。」そんな場所にしたい大人たちが何人か火付け役。そこにお母さんたちが加わって少し輪が広がりました。子供たちにまた広がるかな~。楽しみだなあ。

「峠の喫茶店でもなく、公民館でもない、木のぬくもりがするストーブほかほかの、こめはなやなら話が弾むから」とここを選んでもらって、すごくうれしい。こんな場にしたかったんよねえ。1月2日。冬のさなかだけど、確かに確かに小さな芽が出たよ。