農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2010年7月28日

電柵をはりました。




 ちょうど兄が帰省していたので、お願いして一緒に電柵を張ってもらいました。距離が長いので思いのほか時間がかかりました。夕方の風は気持ちよくて、稲の出来もよくもうすぐ穂が出そう。

 今日はお休みだけど、中学校の教育委員会のお弁当を頼まれていて、こちらも兄に助手をしてもらって午前中はお弁当づくり。お昼寝をして午後は野良へと、なんだか淡々とこなす仕事の広さがおもしろい。

 けれど、お金をかけて電柵を設置するのは腹立たしい。やればやるほど赤字が出る農の仕事とはこれいかに。。。





 ちょうど電車が来たのでパチリ。

2010年7月27日

写真展示 アカスジカメムシ

 「ひと・むし・たんぼの会」の今月の展示は「アカスジカメムシ」です。

 野良仕事をしているとたまに見かけるカメムシですが、なんともきれいなストライプ。カメムシもおもしろいけど、にっくきヤブジラミの花が、こんなにきれいであったとはほんとにびっくりです。
 憎いというのは、種になると服にびっしりついて始末に負えないからです。昔はこの草あったかしら。こどものころ服に付くと言えば、イノコヅチかアメリカセンダングサかオナモミであった様な気がします。最近の外来種なのか、草刈りなどの手入れが不足して増えたのか、はたまた単なる私の注意不足かな。

 カメムシといえば、「ひと・むし・たんぼの会」で「デジタル版たんぼのカメムシ図鑑」を作ったことがあり、皆で野良のカメムシの写真を取って集めて同定し、まとめたのですが。わたくしめまったくカメムシに歯が立たず。もちろん臭いから歯をたてたくもないのだが。まー本当に役立たずでありました。

 覚えたのはホソヘリカメムシぐらいという情けなさ。虫をちゃんと興味深く見られる人たちを、しんから尊敬するばかりであります。できたカメムシ図鑑のCDも一度も見てないデス。みんなごめんねえ。


 この写真も久野公啓さんの作品です。俳句もうまい久野さんのエッセイを転記します。



      アカスジカメムシ

   「臭い、臭い」と嫌われ者のカメムシ
     野山にはたくさんの種類がいて
    奇抜な模様をもつものも少なくない
    このカメムシはセリ科の植物が大好物
   ヤブジラミの花でよく見かけられる普通種だ
   手に取ってみても、いやな臭いを感じない
  この装いならそんな護身術は必要ない…ということか
   派手なカメムシは、どれも臭くないのかも

                  久野公啓  





 

2010年7月25日

アマガエル旅立ちぬ

 店の玄関脇の石のくぼみに

 稲の苗を育てたプールに大量に孵化したニホンアマガエルの

 小さなオタマジャクシを3匹

 大丈夫かな、と思いつつ放した6月初め。

 ため水に沸くボウフラはメダカに

 どんどん増えるアオミドロをオタマに食べてもらえんか、と考えた。

 だって、山の小さな田んぼはオタマの多い年はアオミドロ、アミミドロ少なく

 オタマ少なき年はミドロさんたちの天下になるのだから

 ソーゾーしちゃったの、ミドロさんたちを食べてるんだろう。

 そして、メダカ二匹とオタマ3匹、予想通りにそれぞれの使命を果たして

 もう何日かで最後のオタマがカエルになって去ってゆこうとしているところです。

 えさもやらんのにすごい。

 人間も空気中の何かをエネルギーにしてパフパフいいながら生きられたらいいのに。

 それはそうと、これからミドロミドロさんたち、どうしよう。


2010年7月24日

ネット張り



前日、田んぼの中を動物が歩き、じゃがいもを掘ってあるのを発見!

 いのししが出た!!どーしよう。とりあえずその夜はラジオを2台ボリュームを上げて設置。
前々からそのうちこんなこともあろうかとは思っていたが。
米のことも考えると電柵を張るしかないか、と思うけれどすぐには手に入らないので、仕方なくネット張りしました。

 日中はグラグラ煮えるような暑さなので、日暮れがたに母とふたり。




 犬になりつつあるモモが荷台にちゃんと乗って。





 終わって帰る道、こんな雲と月が。
 フシギな色合いです。

 そうそう、前夜ラジオをかけて帰る時、「もう遅いけど蛍いるかな」と思ってウインカーをカチカチしたら、ふわーっと4匹くらいの平家ぼたるが車に寄ってきました。今年も田んぼでそだっていてくれたんだね。うれしい。

 うちに帰りついたら車に1匹くっついたまんまな事に気がつき、もう一度田んぼに放しに行ったりして。いのししのお陰で蛍と遊べた日。



 

2010年7月23日

八ヶ岳クラフト市

 昨年の秋に続いて、夏の出店をさせていただきました。
 店の方も開けているので、二手に分かれての作業です。いろいろお客様との交流もでき、たのしかったと全員ピカピカな笑顔で帰って来てくれて、よかったよかった。

 写真はざわちゃんと助っ人の常連さん、赤羽さんです。
 梅ジュースやシフォンケーキが一番人気だったよし。

 菩提樹の木陰の下。いい雰囲気ですね。かく言う私めは行ったことがありません。残念。

 秋も出店予定。またお知らせします。

2010年7月21日

小松さんの笑顔

 7月15日、初めての分水嶺祭りがおこなわれました。

 大がかりなものではなく、こちらも市民レベルで善知鳥峠の分水嶺をもっと人が集う、気もちのよい場所にしたいという願いで、整備の第一歩を踏み出したお祭りです。

 予想以上にたくさんの方が枝打ちや草刈りなどに参加されていてびっくりしました。

 塩尻の三澤コーヒーの美味しいコーヒーと、うちの草もちを振る舞いに使っていただきました。

 前日までの大雨と当日も良くない予報で、一時は中止になりかけたのですが、空が明るかったので決行とあいなり。わたしもふんぎり良くもち米を蒸し。雨一粒も落ちないまま半日の作業が終わって、本当に良い一日となりました。

 恥ずかしながら初めて行ってみた分水嶺は、湧水が豊富で湿地状になっており、今後クリンソウの群生地を作る企画もあるということで、気もちよい場所になりそうです。

 発案者の北小野の赤羽さんの話は、だいぶん前から聞いていましたが、こんなに素晴らしい祭りができるとは、ほんとのところ脱帽しています。「思い」と人が全てをつくるのですねえ。これからも継続して善知鳥峠をきれいな場所にしてゆきたいものです。

 写真は実務を綿密にこなしてくださっている小松さんから提供していただきました。ありがとうございました。

レタスで定食

 玉レタスは降り続く雨ですっかりやられてしまったのですが、チマサンチュは元気で育ってくれています。これがクセがなく甘くておいしいのです。

 レタスが主人公のメニューにしてみました。揚げた春雨とひき肉のピリ辛たれをレタスで巻いて食べます。なかなか好評です。小鉢はひじきときゅうりの酢のものです。しょうがの酢漬けをたくさん入れて、ひじきくささを消すのがコツかな。

 畑のものに引っ張られてつくる料理は、力と勢いがあって楽しいものです。
 

虹の市



 7月11日に伊那で初めて「虹の市」が開催されました。

 人と自然にやさしい安心でおいしいもの、使って嬉しいもの、色々な情報などを手から手へ受け渡す場です。伊那で「えん」という小さな気持ちを同じくする人たちの会が始まり、毎月一回夜にご飯を食べ、さまざまな話をしてきました。その会からこうした市の取り組みが始まったのです。
 
 決まりはごみを出さないようにすること。からだが喜ぶものを扱う。という2点です。
 




 虹の市の横断幕は鈴木真美さんの手作り、その上、この駐車場のロープも仲間たちがぼろ布をもちよって作ったというから驚きです。

 こめはなやは「えん」の会に参加する余裕なく、とても残念ですが、はなちゃんのほねおりで、市に出店することができました。

 ゴミを出さない、ということで、おむすびを笹でまいたり、お寿司も笹ずしにし、焼き菓子はバラで販売しました。草もちはさすがに乾燥硬化がひどいのでラップを使いました。なかなかに手がかかるし、衛生状態が心配だったりしますが、こうした取り組みがなければプラスティック容器をバンバン使ったりすることに鈍感になると思います。

 まれにみる市民レベルの画期的な「虹の市」。これからの広がりが楽しみです。


2010年7月19日

モモのおかあさん

 あははは。モモにゃんのお母さんです。

 木曽の(木曾福島から車で15分の)秘境、おしっぺに住んでいます。

 離乳食にネズミを食べさせてもらっていたらしいのですが、モモはリードをつけられて骨抜きになってしまったのか、小さなネズミも遊ぶだけ。

 ミャウかあさん、ごめんね。

2010年7月17日

クラフト出店日

 八ヶ岳クラフト市への出店日を、昨夜間違えて書いてしまいました。17.19日と書きましたが、17.18日の間違いです。19日は出店しませんです。すみません。

 準備でかつかつだったのに、ブログお知らせせねば、と思ってミスしてしまいました。

 明日もよい天気のよう。

 いい日になればいな。