農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2009年6月12日

Unknown

 私達の店の内装の感じが、「かたつむり食堂」のモデルになったご縁で、飯島でのロケのケータリングを頼まれました。60人分のカレー(チキンと卵の二種)とスープとサラダです。
 何時に食べるか分からないから、と4時に到着して大急ぎで準備したのですが、延々と撮影が続き。結局皆さんがそろって食事になったのは、日もくれた7時半過ぎでした。ロケとはひたすら「待つ」もののようです。忙しくしている人もいますが、大かた待っているように見えたのは素人の目だからでしょうか。
 俳優さんが豚を乗せたカートを何度も何度もぐるぐる押したり、坂を上がったり、下がったり、上がったり下がったり。そのうち「そのテント撤収!」え!テントってこれ?私たちもいる大きなテント3張り?荷物いっぱいだし、テーブル並べて、カレーもぐつぐついってるよお!
 カメラの視界に入るからって、テントを畳む。みんなで足持ってあっちへ、こっちへ。はあ、えらい事だねえ。
 異次元の世界を垣間見、楽しくはありましたが、一回でいいかなあ。
 写真撮影は禁止されたので、良い写真がなくて残念です。来年今頃になるという映画の出来上がりが楽しみです。

1 件のコメント:

  1. 先日はありがとうございました!

    今日の長野日報に飯島町でのロケの記事が出ていました。このはなやさんが「食堂かたつむり」の内装のモデルになったとは!うれしいびっくりです。

    返信削除