農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2012年6月7日

思いがけない幸せな小野宿市の一日

3日、雨予報だったけれど、夕方の撤収まで天気が持ってくれて、暑すぎない最高の日和。
小野におんばしら以来、見たことない人の流れが1日続いて、小野の住民も、関係者も、なにより私たちが、心底びっくりしました。

 「何が起こっているんだろう。」

 1日蕎麦屋は開店を早めなければならない人が来て、1時間20分ぐらいで150食が完売してしまいました。慣れないのでゆっこちゃんとグルグル目を回していたのですが、合間にふと外を見るとウチノウラニワに何百人も人がいる!なんだか夢か映画でも見ているようでした。

 小野酒造さんには約500人いらしたそうです。お酒に興味のない人もいると思うので、こめはなやにはもっと来ていると思う。たくさんのお客様を、地域のみなさんがそろいの法被を着て道路に立ってくださり、案内と交通安全を見守ってくれました。30人くらいの人が交代で立ってくれたようです。

 これにはほんとうに感激して涙出そうでした。地域の店とはいえ、たかが2つの商店が始めたはじめての、人が来るのかも分からない祭りに、これだけの皆さんが協力してくださったこと、それに皆さんが楽しそうにしていてくれたことが、なによりうれしい。それだけでもこのイベントは大成功だと思いました。

 小野宿問屋の公開には、芳名帳に名前を書いてくれた人だけで250人いたそうで、「2年分が1日に来た」とうれしい感想を頂きました。そしてまた、民家を開放して見学させてくれた泉屋さんとマルキさんが喜んでくださったことがうれしい。1日見学に訪れる人が絶えなかったと。ああ、よかったです。

 5店の飲食店はどこも完売、満員だったそう。「甘く見ていた。くやしい。来年はリベンジしたい。」とタイガーさんが。食材もなくなってしまったとか。すごい事です。

 こめはなやの市といえば、1日あちこちのワークショップに人が座って何か作っていたり、ベンチで休んだり。終始楽しげな雰囲気が漂う市でした。出店者の皆さんが楽しかった、来年もやるよね、と言ってくれたのがうれしい。

 実はこの日、三周年のお祝いだからと、うちの山でやっていた山仕事塾「なるには塾」の皆さんが、山で木を倒して薪をつくってくれていました。やはり塾で作った薪小屋二つにいっぱいに。
しょうゆの仲間で、この日に合わせてきてくれた東京のメンバーたちが、ハウスでこつこつしょうゆの天地返しをしてくれていて。
この多様さ、まぜまぜ感、なんでもあり!がこめはなやカラーかねえ。

 ぽつぽつ雨が落ちてきそうで、暗い雲も出てきたので、少し早めてブラジルの踊り(と言っても皆で輪になってステップを踏みながら踊る楽しいものですが)をゆみさんのリードで始めました。だんだん輪が大きくなってゆるゆる長く進んだりして、踊りましたよ~。「盆踊り」とか「花いちもんめ」とか言われましたけどね。(笑)

 こうしたマルシェがともすれば仲間で固まりがちになるように思いますが、ここではまったくそんな気配なく、いろんな人たちが入り乱れているのがおもしろい。小野宿だからできたこと、小野酒造と一緒にでできたからのことだと思います。それを地域の皆さんの暖かな気持ちが包んでくれて、もうこの上に望むことは何もないほどの、幸せな一日でした。

 こられた方達が満足して帰ってくださったかが一番心配です。そばが少なくて食べてもらいない人がいっぱいいた。とか、こまごま反省点がありますが。初めてのこととて何とかご容赦いただき、次につなげてゆきたいと思います。小野の皆さんに会うごとに「来年はあーしてこーして。」と言う話になり、こりゃあすごいことになった、とまたしても思うこの数日。

 時と、人の思いと、土地の気が熟してきっとこんなことになったんだろう。関わってくれたみんなが
温かな輪になったと感ずるしあわせ。ありがとうのひとことしかありません。

 写真を載せようとしたらなかなか書けないので、とりあえず皆さんに応援をありがとうございましたと伝えたくて書きました。今夜か明日には写真をアップしたいと思います。

 ほんとうに皆さんありがとうございました。





3 件のコメント:

  1. お疲れ様~そして、あんな素敵な「場」を作ってくださり本当にありがとうございました。

    こめはなやを始める前、そして、始めた当初に
    なおこさんがおっしゃった「場」をつくりたいという言葉

    ずっとずっと私の胸の中に残っています。

    先日の小野宿市はまさに
    人々が集まり交わり流れる「場」でしたね。

    うわ~っと人が押し寄せ、その人たちがみんな笑顔の様子を見て
    まるで「こめはなや フィールドオブドリームス」という
    映画でも見ているような気分になり、
    ただの一人のファンながら、目頭が熱くなりました(^_^;)

    また、来年もやるのであれば、ぜひこめはなやファンとして
    なにか賑やかしの出店ができればと考えています

    今後とも、どーぞよろしくお願いします。

    本当に楽しかった!ありがとう~♪

    返信削除
  2. ゆーこのアロマショップとしては
    去年までこめはなやさんの離れで開かせていただいていた
    アロマ教室の常連のお客様に再開できたり

    はたまた「あの時は日程が合わなくていけなかったのよ~。
    今日作れてよかったわ~」というお客様のお声をお聞きできたり、

    あ~ご縁ををつなげていただいて本当によかったなぁ~と
    こめはなやの皆さんに感謝感謝です!

    また、ご希望があるなら不定期でもやりたいと思うし
    「こめはなやにオイルをおいてほしい」というお声も
    多数いただいたので、また相談させてくださいな。

    こめはなやさんの「にぎやかし」部隊になれればうれしいです。

    返信削除
    返信
    1. ほんとねえ。毎年一回だけ「ひと・むし・田んぼの会」の四賀村宴会で会ってたのが、「六ヶ所村ラプソディー」の実行委員会で再会して、わーい!久しぶり、なーんて言ってたあの頃。
       それからいろんなこと。しょうゆの仕込みを一緒にやったし、田植えやらなにやら。いつもこめはなやの応援団してもらってた。ありがとね。

       「人のつながりこそが大事なこと」と、今回の市を通して改めて思いました。また新たな時が始まります。一緒に元気出していこうね!!

      削除