農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2010年1月27日

Unknown

 映画「食堂かたつむり」のポスターが送られてきました。とってもかわいいくて、早速店にはりました。美術を担当した兄が送ってくれたものです。

 去年の、店が出来上がったばかりのころ、ロケ場所を探して兄と東映の方とが店に来て、すっかり「こめはなや」の雰囲気が気に入ったそうです。その後、監督さんをはじめ主だった方々も見に来られて、「かたつむり食堂」の内装に、「こめはなや」をモデルにすることに決まりました。

 ロケのケータリングに行って、現地に作ったかたつむりの建物を見ましたが、内装は東京にセットで作るということで、中はがらんとしていました。本格的に材木を組んでたてた、がっしりした建物で、かわいいタイルを張った玄関がおしゃれでした。

 建設には、うちの店を建ててくれた今枝一棟梁や、大工さんたち、石屋さん、基礎工事の小山さんなど、総動員で力を貸してくださったようです。予定地にすごく大きな岩があってとても動かせるようなものでなく、小山さんが2日がかりで重機で砕いたけど、砕ききれなかった、とか、雨が降って周りがぐちゃぐちゃになって山から土砂を運んで入れた、とか。

 ふだんやったことのない仕事の連続で、大変だったけど面白かったと、私たちも伝え聞いて楽しませてもらいました。写真で見せてもらった内装のセットは、どことなくやはりうちの店と似ていて、さらにおしゃれでかわいかったなあ。映画を見に行くのが楽しみです。

 そうそう、蔵のあたりにあった昔のカイコを飼う道具だの、古い道具やがらくただの、いろいろ持って行ったので、「何に使うの?」と聞いたら、「古い小屋を片づけるシーンで、持ち出すガラクタにする」って。なあんだあ。捨てられるんかい、きみたち。なんてこともあった。

 母がもう捨てる、と言ったのだけれども、もったいなくて残しておいた小さな錆びたカマドは、ちょびっとだけど出演できたそうです。目を皿のようにして見とこ。

 以前のいきさつをご存知の方は、笑っておられると思いますが・・・私が柴崎さんのモデルではありませんのでアシカラズ。しつこい?

4 件のコメント:

  1. ルナパーク1号2010年1月31日 22:14

    先日はお騒がせしました!
    そして、ごちそうさまでした。
    今度は、一人で静かに伺いますので、まだどうぞよろしく。

    食堂かたつむりとはそういう関係だったのですね~。
    映画、見に行こうっと。

    返信削除
  2. こんにちゎ♪

    好きな映画が、こめはなやさんと関係があったとはびっくりですゎ:)
    私よりこの映画好きな友達に、早速報告せねば!!

    でも⤴なんか嬉しいですよぉ♪
    お気に入りのお店が、こんなにも愛されてるとは:)

    返信削除
  3. こめはなや2010年2月2日 22:49

    ルナパーク1号さん、全然大丈夫です。ちょっと遅めに来てくれたのも、ゆっくりしてもらえてよかったと思います。
    この雪は大丈夫でしたか?

     roroさん。映画の製作の方の話では、とにかく料理と食事の撮影が大変だった、と言っていました。食材を切って、間違えたらまた新しいものと変えて切り。料理も一口食べて、新しい料理に差し替えて違う角度から一口食べ・・・という感じで延々撮り続けて、予定の日にちを押してしまう撮影の日々だたそうです。みな疲れ切った、と言っていました。大変ですねえ。
     私たちがケータリングに行った日も、「明日は雨が降りそうだから、日暮れまで撮影!」ということでずいぶん遅い夕食になりました。
     待つ、より、間に合わなくて必死な私の日常を、ありがたく思ってしまいました。
     

    返信削除
  4. 映画の撮影は大変だと聞いておりましたが、想像以上の過酷な現場なんですねぇ...
    だからこそ☆劇中で出てくる料理が、見ただけで美味しそぉ⤴って思えたのでするねぇ:)

    苦労された方のコトを心にとめて、映画を観たいと思いますゎ!!

    返信削除