農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2010年2月2日

カモがネギ背負って



 1月30日に百姓仲間(と言ってもいいかげんな私と違って有機専業農家ですが)の、家族ぐるみ新年会がありました。こめはなやのオードブルを頼まれたので、何品か出したのですが、一年田んぼの除草をしてくれたアイガモとネギ、そば米なども持参してくれました。
 炭火のカモ焼きもおいしかったけど、カモのガラや首などを、自作の牛蒡、人参入りダシで煮てネギを入れたソバの実雑炊がしみじみおいしかった。すごいぞ百姓!・・・としか言えない・・・味でした。

 久しぶりにゆっくり話ができて、「また一年これで頑張れるね」と言い合い。色々説明しなくても解りあえる、そして暖かさを分かち合える友人がいることに感謝した一日でした。

 さて、頂いたカモガラと砂肝、レバーなどを、2日のお昼ご飯に料理しました。レバーと砂肝は塩焼きに。ガラと首などはスープを取って、うちのしょう油と少しの塩で味付け、これまた超おいしい「はるばる農園」のネギをぶつ切りにして入れました。このネギ、半端な太さではありません。どうしようという大きさの上、とろとろに甘いのです。今回仕入れたので店でなんとか上手に出したいと思っています。



 写真のお豆腐は、松本の自立支援の「四炎」で作っている「あんぜんとうふ」です。地元無農薬大豆と海の精のにがりを使った、贅沢な豆腐ですが250円売りだそうです。この日、「店で売って欲しい」と試食品を持ってこられました。クセがなくておいしい豆腐で、とくに火を通すとツルンとのど越しが良いように思います。
 良い豆腐がほしかったので、うれしい出会いとなりました。毎週木曜日に持ってきてくれることになりそうです。店売りもしてゆきたいので、正式に決まったらまたお知らせする予定です。なるべくたくさんの人に買ってもらって、作業所が安定するといいのですが。

 とにもかくにも、めちゃうま昼食(3時ごろですが)になりました。ほんにごちそうさまでした。農家やってよかった。ナイショですが、我慢できずにビール開けちゃいました。ははは~。
 
 このころ雪がサンサン降り始め夕暮れ時にはけっこう積もりました。それでも止まないので、「あんまり積もるとあした大変だで」との母の忠告に、店の片付けをゆっこちゃんに任せて雪かきをしているうちに真っ暗。湿った雪は重くって、やれやれ長い一日でありました。
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿