農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2010年5月18日

ちょっくら野草とり




 天気が良くて、なにもかもピカピカ光っているような日。

 明日、土手草を刈るのでその前に蕗を取りに行きました。まだ早くて小さかったけど、きゃらぶきならそのまま煮る事ができそうです。五目ずしを始めたので、きゃらぶきが欠かせません。

 おまけにいろいろ取りました。

 手前からカキドウシ(野草茶用です。根っこごと洗って干します)、あずきっぱ(茹でてお浸し)、野蕗、のびる。

 
 


 野でお茶を飲むことほど、楽しいものはないと、わたしは思う。他のどんな娯楽に勝るたのしみ。山仕事塾の「なるには塾」で実習した「チェーンソーでつくる薪小屋」の軒下で、母とお茶しました。





 桑の木に巻き付いたアケビの花が満開でした。この木の桑の実も小さいけれど美味しいのです。そちらはこれから花が咲くところ。きれい。


0 件のコメント:

コメントを投稿