農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2010年9月28日

Unknown

 辰野でマツタケが取れた、と聞き、妹夫婦が山に行ってくれました。

 実はあんまり期待してなかったのですが、すごい!取れました。あとは例年あんまり取れないアミタケが山ほどあったそうです。どういうことでしょうかね。その年の気候で全く山のきのこの様子が変るんのがとても面白い。きっとこのように自然は繊細に姿を変えているのでしょうが、人間のほうはセンスがなくて見えないのでしょう。

 ただ時期がすっかり遅くて寒いので、あんまり長いことは取れそうもありません。

 マツタケおこわ始めましょうかねえ。

 アミタケの方は、翌日に塩尻の学校長会のお弁当を頼まれていたので、茹でて間引き大根菜と焼き油げ、みょうがと合わせておひたしにしました。

 ううーんまかった。。

 山の神さま、ごちそうさまでございます。


1 件のコメント:

  1. すごい!
    まるで宮沢賢治の童話にでてくる
    きのこたちみたい

    いまにも踊りだしそうですね。

    返信削除