農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2010年12月3日

漬物大根収穫



 しょうゆ絞りの翌日、東京から泊りで参加した「納々屋」の紀村さんと、絵本画家のいわささんに手伝ってもらって、漬け大根を収穫しました。

 酢漬け用八州大根、醤油漬け用干し理想、ぬか漬け用松本地大根、木曽赤カブ、白カブの5種です。

 今年はこらえて播種を遅らせて大失敗。小さい細い、ああ。。。これだけは、と思って相当気合いを入れて播いたのですが。

 まあ、学ぶこともありました。もちろん播種期は例年と同じ方がよいということのほかに、大根にも早生があり、それはちょうどよかったということです。

 白カブと松本地大根は例年と変わらない大きさで、老化していないのでとても奇麗でした。木曽赤かぶも例年ならばすが入ったり、表面が汚くなったりしてずいぶん捨てるのですが、今年は小さいものの全部きれいで使えました。

 来年の参考になりました。失敗せんと学ばんなあ。
 

 


 疲れてヘロヘロしながら全部洗って、翌日、八州と白カブは塩漬けに、他のものはハウスに干しました。干したての大根たちは真っ白に陽に映えてほれぼれします。

 週1日休みを減らしたので、ただでさえ忙しい11月の収穫時期がいっぱいいっぱいになってしまいました。がんばれーこめはなや!

 寒くてやだけど、ゆっくりできる冬が恋しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿