農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2011年3月30日

浜岡原発の停止について、辰野町町長にお願いに行きました。

 23日夜に、松本にて「松本ミツバチの会」の緊急会議がありました。この会は「ミツバチの羽音と地球の回転」という、瀬戸内の上関原発予定地を丁寧に取材し、本当に原発は必要なのか、他の道がどこにあるかをテーマとした映画を上映した仲間の会です。

 前身は「六ヶ所村ラプソディ」の上映委員会で、私はそのころ自由に動けたので参加させてもらっていました。原発事故が起き、緊急にできることを探ろう、ということで集まりが持たれたわけです。

 自治体の首長に、中電へ、事態が沈静化するまで浜岡原発を止めてくれるよう要請してもらいたい、というお願いをしにゆくことになりました。

 松本市、安曇野市、塩尻市、辰野町、木曽町に手分けをして要望書の提出を行いました

 私は辰野町町長のお会いすることができ、しばし話を聞いてもらいました。町長さんは日本のような地震国では原発を作るべきではなかった、とおっしゃり、趣旨には納得してくださいました。近隣の市と足並みをそろえたいという様子でした。

 現在各市長さんからの回答待ちです。伊那市にも提出してくださった方がおり、佐久でも検討中のようです。今から、あたらしい私たちの暮らしのありように向けて、力を出しつ続けなければならないでしょう。あの祝島の皆さんの何分の一かでも、勇気と気力を持ちたいと願っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿