農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2009年11月8日

Unknown

 玄米もち米100%で作ったおはぎを始めました。粒あんとえごまの2種類です。玄米の強さが、あんやえごまのたれと調和していて、白米のおはぎより断然おいしいと前から思っていました。

 えごまのたれが、これまたおいしくって。食べた人が全員「何コレ!おいしい!」と言ってくれる自信作です。皿までなめたい、なあんて言ってくれる友人も。
 
 我が家では昔から作っていたおふくろの味。ぜひお試しください。

2 件のコメント:

  1. 11月7日、立冬の日、松本で「宇宙の約束」という映画を見た後このはなやさんに立ち寄りました。
    映画を観て、もう亡くなって8年になる母と3年になる父を思い出しボロボロ泣いてしまい、そんなお話をこのはなやさんで聴いてもらったら、なおちゃんが「これ、今日からはじめたの、食べてみて」と出してくれた写真のおはぎ。
    あまりにおいしくって、なおちゃんがそのおはぎをとおして包み込んでくれるようで、またまたポロポロ涙が・・・・
    泣けてしまいました。ちょっと悲しくて、でもおいしくって、うれしくって。
    ありがとう、このはなやさん。

    返信削除
  2. 前に料理していた店は「アンナプルナ農園レストラン」と言いました。アンナはインドの言葉で「食べ物」、プルナは「いっぱい」。アンナプルナは、インドの、食べ物を与えられる女神様の名前です。
     人が料理をしてはいますが、結局自然環境が食べ物を与えてくれているから、自分はなるべくエゴを減らして、大地の神さまが豊かな食べ物を与えられる泉になるよう、穴を掘りなさいと教えられてきました。
     はなちゃんが喜んでくれたとすれば、大地の神さまが贈り物をくれたのだと思います。
     穴を掘るのはなかなかに面白いもんですね、とこの頃思えますです。

     はなちゃん、寄ってくれてありがと。

    返信削除