農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2009年12月31日

年の終わりは

 29日地方発送、30日配達、掃除と、フルに働いて今年の仕事収めとなりました。
 31日になって、松飾を作りだす、例年のパターンになってしまいました。




 松と、榊の代わりのそよごを組み合わせて切り、切り口の上の方の皮をはいでいるところです。皮を取るのを「足を洗う」と言います。松に山から来てもらって、山から足を洗っている、のか、足を洗って神事に向かってもらっているのか、さだかではありません。

 ところで29日に、店の掃除や片付けで時間が過ぎてしまい、山に行こうとしたらおおかた暗くなってしまっていました。ちょっと怖いなあ、と思いつつ、山のとば口に行ったら、林道の真中にそよごがひと山置いてありました。たぶん誰かがいらなくなって捨てて行ったのでしょうが、「山の神様が用意してくれてたんだ!」と、めでたく解釈し、ありがたく頂いてきました。周りを見回すと、松も枯草の中にあるではないか。助かった~。ほんと怖かったんです。こんな私でも。ズリズリ滑り落ちるような斜面を登らないと取れないもんで。

 毎年、山に松を取りに入るのは、とってもあらたまった感じですがすがしく大好きなのですが、今年は出来なかったので、新年に山に挨拶に行こうと思います。お餅つきも、一年の集大成と言った感じで、晴れがましい気持ちがするものですが、仕事ともなると夢中でそれどころでなく過ぎてしまいました。



 
ももちゃんと縄ないです。




 
 店用にこんなものを作ってみました。いかがでしょう。




 ストーブの上で金柑の甘煮と、黒豆を煮ながらの作業です。



 松飾は、玄関、神棚、かまどの神さま、井戸の神さま、蔵、守り神の祠の6カ所にします。4か所は注連飾りも作るので、なかなかの大仕事です。今年は店と離れも加わって、なんだか一日かかってしまいました。それでも、それぞれに鏡餅をお供えして、明かりをともしたら、ほんとうにほっとしました。
 一年無事に終わる事が出来ました。お世話になったみなさま、ありがとうございました。
 ブログの訪問者も12月初めに1万人を数え、本当に励みになりました。付き合って下さりありがとうございます。また新しい年もよろしくお願いします。




0 件のコメント:

コメントを投稿