農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2010年1月21日

こんどはゆっくり

 子供のころは、決まって1月15日の青年の主張を見ながら餅をつき、翌日はせっせと氷餅を紙でくるんで綴りました。

 去年たかきび入や、黒米いりなどの氷餅を作って、おいしいと喜ばれました。今年はまだ?と聞かれるのですが、今から作って食べられるのは春になります。
 わらで綴って一昼夜水に浸し、寒い日暮れに風の通る、しかし日が当らない軒先に干します。翌朝はこんな風に小さなつららが。さぶっ。
 寒中の今時にしかできない仕事です。
 

2 件のコメント:

  1. 先日、縄綯い講座でお邪魔させていただいたナカムラです(^o^)
    先日はとても有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました(^人^)
    帰りの際きちんとご挨拶もできなかったのが気になってて・・・どうもすみません

    氷餅、風情がありますね~。食したことがないのですが凍らせることで普通のお餅とまた違うのでしょうね☆

    今度お友達を誘ってランチさせていただきますね♪では~(^_^)/~

    返信削除
  2. こめはなや2010年1月26日 18:38

    先日はありがとうございました。あまり話せず残念でした。この次はゆっくり話せるといいなあ。
     氷餅は焼き方によっては、けっこう普通の餅に近くはなりますが、やはり別物です。味見は春までおあずけですが~。

    返信削除