農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2011年4月24日

待ってます!

 スケジュールを見ると、本当に毎日講演が入っている田中優さん。いかに今、人々に求められている人かがわかります。

 震災以後、被災しなかった私たちも、様々な思いにつらい気持ちで過ごしておられるのではないかと思います。どんどん見えてくるこの国のひどいありように、いかりつつ、それを作ってきた自分にいかりつつ。

 みなに必要なのは、元に戻る努力をするのではなく、新しい生き方、社会を作ってゆく、その希望だと思います。どちらに向かって努力してゆくのか。そのアイデアを田中優さんが人々に届けているから、これだけ求められるのでしょう。

 前に一度話を聞いたことがありますが、目からうろこが何枚も落ちるような、視点の違う勇気が出る話をしてくれる方です。楽しみです。
 チラシの内容をそのまま載せますね。


田中 優さん講演会


< 3・11 >以後をどう生きるのか?
希望をこめて現在(いま)の社会を問い直し、勇気をもって新たな生き方をつくるために。

日  時: 5月12日(木)19:00  (開場18:30)
会  場: 松本市Mウイング(中央公民館) 6Fホール
参加費: ¥500 (高校生以下¥0)
主  催: 田中 優さんのお話を聞く会
共  催: ミツバチ松本上映実行委員会
問合せ: TEL. 090-4678-1862(竹内) 
案  内: http://blog.livedoor.jp/matsumotobee/
----------------------------------------------------------------------------------
※ チケットはありません。予約・申込みなど不要です。
当日受付にお越しください。
※ 会場は350名収容です。 立ち見になる場合があります。


地震・津波そして原発震災…、
3月11日以降、私たちが信じてきたものが失われている。

さらに未来をも見失いそうな今、私たちは問われている・・・、
このままでよいのだろうか?

1ヶ月前の生き方、社会、価値観に戻すことが「復興」なのか?
原発にこのまま頼っていって、良いのだろうか?
エネルギーはどうするのか? お金の使い方は?
子どもの将来は? 子どもたちに何を伝えたら良いのだろう?
私たち自身、どんな社会、どんな生き方を考えたら良いのだろうか?

私たち市民一人ひとりが、いま自分なりの答えを探しつくり出していく。
そのための一つのヒントとして、
いま全国各地で多くの人たちが共感する、田中優さんのお話を聞く会を企画しました。
あらたな出発の手がかりに、一緒に考えてみませんか?

----- <田中 優さん> ------------------------------------------------------------------
20年以上前から原発問題に関わり、今回の3・11フクシマ以降、全国各地で緊急に企画される講演会は、毎回会場に入りきらない程の人たちが集まっている田中優さん。3月13日の大阪講演会の動画再生回数は10日間で15万回以上と、多くの注目を集めています。
地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などのさまざまなNGO活動に関わってきた経験をもとに、「これからの社会」のあり方と生き方を語っていただきます。「未来バンク理事長」のほか「日本国際ボランティアセンター」理事、「ap bank」監事、などを務め、立教大学大学院、和光大学大学院の非常勤講師。 
http://tanakayu.blogspot.com


2 件のコメント:

  1. 12日参加しようと思います^^

    返信削除
  2. こめはな小澤2011年5月9日 21:00

    いよいよ講演が近くなりました。お待ちしてます。私たちは本の販売担当なので、ぜひ寄ってくださいね。

    返信削除