農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2011年7月12日

米の先物取引からついでに頸がんワクチン



 これなーんだ?

 うちの田んぼの今年の「ほたるのひかり」ヘイケボタルです。

 近くの田んぼにモモと散歩に行ってツチガエルを見ていたら、何かがちかっと光り、「ここにもいたんだほたる」

 急いで軽トラにモモをのせ、うちの田んぼに行きました。もう10時を過ぎて遅かったので出てこないかなと思ったけど、ウインカーをちかちかさせていたら、5匹ほど寄ってきました。しばらくしたらやっぱり眠たいから帰る、っていう感じでいなくなってしまいましたが、うれしかったなあ。

 毎年確実に光を見せてくれる。ヘイケボタルは田んぼで育つのです。昔はこのあたりの田んぼの上を乱舞するぐらいいました。懐かしい思い出です。母に連れていてもらって、虫かごにたくさん取ってきました。しばらくするとプラスティックの虫かごの底に、死んでしまったほたるがカサカサ転がっていて。ごめんなさい、と胸を痛めた思いも懐かしい。

 そんな思いの上に育つ米が、なんと先物取引に上場されると聞いてびっくり仰天です。何という事でしょうか、この震災後の米の状態が心配されている時期に、日本人の主食のコメを投機対象にするなんて。

 福島周辺のみならず、栃木や茨城、北関東の今年のお米から基準値以上(と言ってもすでに高すぎるが)の汚染米が出ることは十分考えられるます。今問題になっている肉牛が流通してしまった事、また福島周辺の牛乳を北海道のものなどと混ぜて薄めて流通しているという話を聞くと、今後、米に疑心暗鬼になってパニックになることも考えられるのではないかと思ってしまう。牛肉や牛乳は嫌なら食べたり飲んだりしなくてもいいけれど、米はそういうわけにはいかない。

 (牛乳の話は武田邦彦さんのブログhttp://takedanet.com/を参考にしました)

 この値段が上がったり下がったり、大きく変動したら人の暮らしは全く不安定になってしまう。飲食店もどうしたらいいのかと思う。国民の主食を金儲けの亡者の餌食にするとはなんという愚策だろう。

 こうして米の輸入を促進してTTPを通すつもりなのか。いったいどうしたら止められるのだろうか。


 ついでと言ってはいけないけれど、知っている人も多いとは思うけど、前から一度書こうと思っていた子宮頸がんワクチンで不妊症になる可能性があるという話を。
 参考にhttp://tamekiyo.com/documents/mercola/hpv.html

 副作用が甚大と言われています。もしワクチン打とうと考えている方がおられたら、またお母さんがたはぜひよく調べて、検討してから決めてください。日本人を減らそうとしているのではないかとまでささやかれています。目と耳をよく開けていないといつだまされるかわからない世の中のようです。いやなものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿