農家のお菓子とごはん「こめはなや」

2013年1月2日

明けましておめでとうございます。

 荒れ模様の暮れから一転して、穏やかな青空といっぱいの日の光。美しい元旦でした。

 心より初春のお慶びを申し上げます。


 今日はようやく落ち着いて、年賀状を出しながら矢彦神社と小野神社をお参りしてきました。30日まで店で仕事なので、31日いちにちで正月を迎える準備をしなければならない、相変わらず年の最後の大忙し。



 朝からしめ縄を作って飾るのですが、玄関、神棚、蔵、家の守り神の祠、かまどの神様、井戸の神様、それにこめはなやとたのも庵が加わり8か所。午後2時までかかってしまいました。
 それもまあ、へたくそで。買ってかければ済むのかもしれませんが、なんだか気が済まない。下手でも時間と気持ちをこめて手作りしたい。あ~あ。ことしも相変わらずの一年でした。

 暗くなってからですが、おせちもそこそこ作りました。昔からの風習で、「お年取り」にはおせちと色々な料理でごちそうを食べます。お蕎麦は食べません。というかおなかいっぱいで食べられないのです。

 元日は朝からお雑煮を作って、あちこちの神様にお供えしてから一日が始まります。2日目の今日はとろろをお供えしました。母の記憶があいまいになって、ちゃんと聞いて覚えてこなかった私が代わりにお供えするようになって、とてもいい加減になってしまいました。焼いた餅と生のもちの雑煮二種類をいつも作っていたのですが、どこにどれをあげればいいのかさっぱり。まっいいか。

 高齢化の進むご近所では、昨年何軒か無人になってしまった家があります。こうして曲がりなりにもさまざまに祀られてきた家の神々は、いまごろどうされているのでしょうか、とふと思ってしまった・・・。
 
 店に関わるみんな元気で、モモも健康で新しい年を迎えることが出来ました。
 今年は、6月2日の小野宿市の他、ライブや講座も計画中です。
 
 暮れの選挙からも、これからとても厳しい時代になってゆくと覚悟しました。そのなかで手作りの食を中心に、小さな新しいものを育ててゆきたく思っています。
またぜひ店に足を運んでくださいませ。


 営業は1月6日(日)からです。

 今年もどうぞよろしくお願いします。











0 件のコメント:

コメントを投稿